宇佐美のタイヤ

安心・確かな技術力

タイヤ交換料金表

       
タイヤ交換料金表軽・普通車 1BOX・クロカン車
タイヤ交換料
(脱着・組替え・バランス込み)
※タイヤ処理料は別途
  スチール/アルミ ランフラット スチール/アルミ ランフラット
購入時
(1本)
17インチまで¥1,080
18インチ以上¥1,620
17インチまで¥3,240
18インチ以上¥3,780
17インチまで¥1,890
18インチ以上¥2,430
17インチまで¥4,320
18インチ以上¥4,860
持込時
(1本)
17インチまで¥2,160
18インチ以上¥3,240
17インチまで¥6,480
18インチ以上¥7,560
17インチまで¥3,780
18インチ以上¥4,320
17インチまで¥8,640
18インチ以上¥9,180
             
個別メニュー軽・普通車 1BOX・クロカン車
タイヤ処理料 1本 ¥270 ¥270
脱着 1本 ¥540 ¥864
タイヤ組換え 1本 スチール/アルミ ランフラット スチール/アルミ ランフラット
17インチまで¥1,080
18インチ以上¥1,620
17インチまで¥2,700
18インチ以上¥3,240
17インチまで¥1,620
18インチ以上¥2,160
17インチまで¥3,780
18インチ以上¥4,320
ホイールバランス 1本 ¥1,080 ¥1,080
ローテション 1本 ¥540 ¥810
パンク修理 1本 打ち込み 内面修理 打ち込み 内面修理
¥1,620 ¥3,240 ¥2,160 ¥3,780
バルブ交換 1本 バルブのみ バランス調整あり バルブのみ バランス調整あり
¥2,160 ¥3,240 ¥3,240 ¥4,320

脱着とは・・・車に装着しているタイヤを外し、タイヤを車に取り付ける事です。
タイヤ組替えとは・・・ホイールからタイヤを外し、外したホイールに別のタイヤを取り付ける事です。
ホールバランスとは・・・タイヤは転がる際に左右にブレが生じます。真直ぐ転がす為にホイールに錘を取り付けブレ幅を抑えます。
ローテーションとは・・・タイヤは車重やのり方によって偏った磨耗をします。その為、取り付け位置を変更しタイヤの寿命を延ばします。
※トラックのご予約は承っておりません。
※宇佐美にて、ご購入頂いたタイヤのみお持ち込み・お取付け可能です。
※価格は税込みです。

タイヤのことならお任せください

宇佐美では、「タイヤのプロ」がお客様のタイヤをしっかり点検し、状況に合わせたアドバイスをさせて頂きます。
タイヤの摩耗や劣化が気になったら、お気軽にお声掛けください。

  • いつでも笑顔で点検いたします

    お客様のお車の安全をサポートする為、タイヤの 空気圧点検・磨耗具合の点検を実施しております。
    空気圧点検
    自動車メーカー指定の空気圧に設定致します。
    残溝点検
    スリップサイン(タイヤの溝の深さが残り1.6mmになると表れます)の点検を致します。
    外傷点検
    タイヤのキズやヒビ割れの有無を確認致します。
    偏摩耗点検
    適正な空気圧でない場合に発生する偏摩耗を点検致します。

  • 交換が必要になったら

    点検の結果、交換が必要だと判断した場合、お客様のご要望やご予算に合わせて最適なタイヤをご提案致します。
    安心・確実な技術力
    確かな技術を持ったプロが作業致します。

    安全を足元からご提供致します。
    タイヤのプロが、ベストなタイヤをセレクト致します。

    安心サポートの「タイヤテックマート メンテナンスカード」タイヤテックマートで交換して頂いたお客様には、7つもの特典がついたメンテナンスカードをお渡ししております。※詳しくは、宇佐美のスタッフにお声掛けください。

    タイヤメーカー

タイヤの基礎知識

タイヤはゴムでできているので、古くなり劣化が進むとゴムが硬化してヒビ割れを起こします。また、タイヤには寿命があり、寿命を知らせるスリップサインが出たタイヤでの走行は、道路交通法の違反となります。また、擦り減ったタイヤでの走行は大変危険です。

  • タイヤの劣化要因

    タイヤを適正な状態で保たないと劣化の原因となります
    空気圧
    タイヤの空気圧は、自動車メーカが適正空気圧を指定しています。空気圧に過不足があるとタイヤが損傷したり、事故につながる恐れがあります。空気圧は、徐々に低下しますので、最低1ヵ月に1度は空気圧点検を行って下さい。保管方法
    タイヤの保管状況によっては、変形する可能性があります。保管場所には、直射日光や雨水が当たらない温度変化の少ないところを選んでください。

  • 車による劣化原因

    走行時の車の状態や、運転方法もタイヤを劣化させる原因となります
    荷重
    タイヤには荷重指数(規定の条件下でタイヤに負荷できる最大荷重)が表示されています。車の重量・乗車人数・積載量などの負荷が増えると、タイヤの劣化に影響します。走行時には、不要なものを乗せないことをお勧めします。
    外傷タイヤのキズは、道路の縁石等にタイヤの側面を接触させたり、道路上の凹みや突起物の乗り越しにより発生します。またタイヤはゴムでできている為、長期間の使用によりヒビ割れも発生します。キズやヒビ割れは、バースト(破裂)の原因になりますので、走行前にタイヤの外傷チェックを行って下さい。

エコへの取り組み

タイヤでエコロジー

タイヤでエコロジー低燃費タイヤ転がり抵抗の低い低燃費タイヤは、転がり抵抗の高いタイヤと比較すると同じ燃料でも遠くまで走ることが出来ます。
つまり、燃料の消費量を軽減することが出来ます。
低燃費タイヤは、燃料の消費量を軽減する為、CO2排出量も比例して軽減されるので、環境保護に大きく貢献します。

低燃費タイヤとは?

低燃費タイヤとは?ラベリング制度が制定する基準を満たしたタイヤラベリング制度は、グレーティングシステム(等級制度)に基づき、「転がり抵抗性能」と「ウェットグリップ性能」の等級分けを行い、ラベル表示するものです。つまり、左のマークが付けられたタイヤが「低燃費タイヤ」です。

グレーティングシステム(等級制度)について少ない燃料で、より遠くまで走る為には「転がり抵抗」が低いほど良いのですが、「転がり抵抗」が低すぎるとグリップ力が弱まり、濡れた路面での制動距離が伸びてしまいます。つまり、低燃費タイヤのマークが付くタイヤは、「転がり抵抗性能」と「ウェットグリップ性能(制動時のグリップ力)」の双方が基準を満たす必要があります。
「転がり抵抗性能」の等級がA以上で、「ウェットグリップ性能」の等級がa~dの範囲内にあるタイヤを「低燃費タイヤ」と言います。

単位(N/kN)
転がり抵抗係数(RRC) 等級
RRC≦6.5 AAA
6.6≦RRC≦7.7 AA
7.8≦RRC≦9.0 AA
9.1≦RRC≦10.5
9.1≦RRC≦10.5
単位(%)
転がり抵抗係数(RRC) 等級
RRC≦6.5 a
6.6≦RRC≦7.7 b
7.8≦RRC≦9.0 c
9.1≦RRC≦10.5 d